今の時代は薬通販!俺が今ハマっているのは医薬品

通販と処方の比較

ジェネリック医薬品について皆さまはどれくらい知っていますでしょうか?
これまで処方されてきたお薬より安い、という漠然としたイメージをお持ちの方はまだまだ多いです。

ジェネリック医薬品とは、先発薬を元にして、同じ有効成分で作られた安価なお薬です。
開発にかかるコストや人件費を抑えられるため、安く提供する事ができます。
同じ効果を得られるのにいつも処方されているお薬より安いというのは魅力的ですよね。

ではジェネリックはどこで入手することができるのでしょうか。
2通り手段があります。
それは病院に行き処方してもらうか、海外医薬品通販サイトを使うかのどちらかです。

病院処方のお薬と、通販で購入するお薬に違いはあるのでしょうか?
ズバリ、ありません。
日本の病院で慣れ親しんだお薬も、海外医薬品に同じものがあります。もちろんジェネリックもあります。
そして病院処方のお薬は医師の処方箋が必要となりますが、通販の場合は処方箋が必要ありません。
なぜなら国内で購入する際は薬事法により医師の責任のもと、お薬を処方しているわけですが、海外医薬品輸入代行サービスを使うことは個人での輸入という扱いになり、責任は個人にあるからです。
また、国内で未認可のお薬も、通販サイトで購入できます。

更に病院で処方してもらう場合、病院に行き、診察を受けて処方してもらう必要があります。
初診の場合初診料もかかりますし、病院に行くための交通費なども、通院するとなるとかなりの金額になります。
病院に行ける時間も限られてきますよね。
しかし通販サイトでの購入なら、ネットで空いている時間にお薬を頼む事ができますし、ジェネリック医薬品を安く、必要な分だけ注文できます。
しかし医薬品は全て海外からの発送となるため、最大2週間程度時間がかかる場合もあるので、お急ぎの場合は医療機関に行き、病院処方にて入手しましょう。

薬の入手方法は自分に合っていると思う手段を選びましょう。